リビングのフロアコーティング

東京都品川区は西五反田のマンションにお住まいのお客様よりフロアコーティングの依頼を受けました。小型犬を3匹飼っておられるご家族です。マナーのよいワンちゃんたちで室内の汚れや傷はほとんど目立ちませんでした。もちろんお客様の日頃のお手入れが行き届いているのでしょう。

依頼前のフローリングの状態は

冒頭の写真はフロアコーティング完成後ですが、とても築18年のマンションには思えませんよね?でも、最初の状態ではご自分で塗られたワックスが部分的に剥がれていたり、そのワックス塗膜に汚れが付着していました。近くでみないと判別できないような状態ですが、やはりお客様にとっては気になるものです。(下写真をご参照ください)

床の汚れ

コーティング依頼の理由は

今回の依頼ではこのような汚れを含む古いワックスを除去して、当社のフロアプロテクトAPでコーティングしてほしいということです。ちなみに新築時にもフロアコーティングは検討したそうですが、まだ収入も少なく予算上の問題から見送ったとのことです。なので18年越しの念願がかなってのコーティングということになります。その思いを知ると失敗はできません!!

もちろん汚れの問題だけではなく今後も良い状態でフローリングを使用するための床保護効果も期待してのことです。じつは壁紙などの張替えなども予定されていて今回は今後を見据えての修繕工事の一環でもあります。

コーティングしてどうなった

こちらが上の写真とほぼ同じアングルから撮影したフロアコーティング後の写真です。

フロアコーティング後

かなりの光沢からわかるように今回はグロス(艶あり)仕様を選択いただきました。他にセミグロス(半つや)、マット(つや消し)も無償のオプションでお選びいただくことが可能です。控えめの光沢がご希望の場合はそれに応じることができます。

施工は最初に家具移動するのですが今回は予めお客様自身で隣接する和室へ移動いただきました。(感謝です!)その後、フローリングについた汚れやワックス塗膜を除去する剥離クリーニングを行なってからコーティングします。リビングダイニング、キッチン、廊下の施工範囲だった今回は9時から始めて15時半頃に終了しました。

終了後は家具を戻し、通常の生活をおくることができます。速乾性のあるフロアプロテクトAPならではの便利な機能です。塗布後、歩けるまで何時間もかかるコーティングでは入居中の施工は事実上不可能になってしまいます。

もともと、築年数にしては傷や汚れの染みが少なかったこともあり、とてもキレイに仕上げることができました。お客様にも大変喜んでいただき施工スタッフもホッと胸を撫で下ろしたのは言うまでもありません。

<施工写真>

剥離施工

床に優しい透明なジェルのような剥離剤を使用します。

浮かび上がった汚れ

剥離剤により浮かび上がった汚れ!

廊下施工前

施工前の廊下です

廊下施工後

コーティング後の廊下です

Pocket