東京都西東京市は向台町に一戸建て住宅を建てられたK様よりフロアコーティングの依頼を受けました。とても爽やかで素敵なご夫婦です。

最初のコンタクトはお問い合わせフォームからでした。お見積り依頼をいただいたのですが「西東京市は営業エリアに記載がなかったのですが施工可能ですか?」とご心配されたようです。大変申し訳ありません、たまたま漏れていたようです。(すぐに無料営業エリアに加えさせていただきました。)

西東京市お客様

西東京市は施工実績としてブログに登場するのは始めてですが、(これもK様に指摘いただいて気づきました…)すでに何件も施工の実績があります。

旧田無と旧保谷市が合併して誕生した西東京市は21世紀最初の新設合併都市だそうです。都心までの利便性がよく、武蔵野の田園風景のおもかげを残したいかにも住みやすそうな土地がらです。人口も増加している都市ですから今後ますます出張する機会がありそうです。

ガラスコーティング

今回ご注文いただいたのはガラスコーティングです。常温ガラス塗料というちょっと特殊なコーティング剤を使用するフロアコーティングです。ガラスという言葉がついているように原料は無機成分であるケイ素。これをシリカ溶液にしたものが主成分ということになります。極めて簡単にいうと窓ガラスの成分を高炉などで熱することなく常温で使用できるようにした塗料なのです。

特徴はとても硬い塗膜を形成すること、そして無機成分が主体ですから他の物質に侵されず劣化しにくいことです。つまりすり減ることが少なく、汚れにくく、長期寿命ということになります。

塗膜自体は薄いのでUVコーティングのような強い光沢感はでませんが、フローリングを傷や摩耗、汚れから保護して長く良い状態を保つという機能を求める方には、まさにピッタリなフロアコーティングです。

ガラスコーティング施工途中

施工の途中です。右の艶やかな部分まで塗布しています。このようにフローリングのピース一枚ずつコーティングします。

もちろん、塗布作業の前には徹底した清掃を行います。一見キレイに見える床も私たちが洗うと意外と汚れていたということもよくあります。床表面に油分や、あるいは新築時の仕上げ清掃時に使用した洗剤などが残留していると塗膜の密着に影響がでることがあるのです。

したがった、私たちは最低限、1.洗剤拭き、2.水拭き、3.アルコール拭き、4.掃除機がけ、5.粘着テープでの除塵。をコーティング塗布作業前に行います。また、建築時に使用した接着剤などが表面についている場合は適宜、溶剤や擦りパッドなどを用いいて除去します。

ガラスコーティングは作業終了後、12時間は効果乾燥のため触れることができません。施工の翌日以降の入室となります。

今回は天気もよく気持ち良く作業することができ、仕上がりも文句のつけようのないものとなりました。K様ご夫妻にはこれからご新居で沢山の幸せを享受いただきたいと思います。このたびは本当にありがとうございました!

Pocket