笑い合うご夫婦

ワックスむらをキレイにして新築のように

今回ご紹介させていただくのは横浜市西区にお住まいのI様ご夫妻です。ご覧のとおりとても柔和な笑顔が印象的なご夫婦ですね。

新築からお住まいになって5年という築浅のマンションでしたが、それにしても、まだ新築のような美しいお住まいでした。室内もそうですが外観もとても管理が行き届いていました。

フローリングもとくだん傷みや大きな傷はなかったです。それもそのはず、実は新築時にマンション販売会社からのおすすめでフロアコーティングをしているとのことです。

ただし問題は、その後ご主人が自ら塗ったというワックスがリビングの目立つ位置に大きな斑(むら)を生じていました。一見したところ、白く濁ったようにみえます。さほど酷いわけではありませんが、ご本人はとても気になるようでした。

今回はその気になるワックスの不具合も含め、既存のコーティングは全て剥離施工によりキレイさっぱり取り除いきたい。そして「プロの腕でフロアコーティングしてほしい」というご依頼でした。

剥離剤を段階的に強めて床に負担をかけない

ワックスやコーティングを除去するときは剥離剤を使用します。剥離剤は中性のものからアルカリ性のものまで効き目のことなる種類がいくつもあります。

いずれも塗膜を溶かし床から浮かび上がらせるものですが、アルカリ度の強いもののほうが効き目は強いのですが床への負担も強くなります。使用している時間や、作業の方法にもよりますがフローリングの隙間から液剤が侵入することでフローリングに反りやシワがよることがあるのです。

作業にあたっては先ずは中性に近い剥離剤を使用しました。そうすると簡単に剥がれてきましたのでこれは楽勝と気が緩んだのもつかのま!じつは取れたのはワックス部分のみでした。

最初の業者に依頼されたフロアコーティング塗膜が、ほぼ残ったままだったのです。そこで、より効き目の強い剥離剤に切り替え再度チャレンジ!こんどはコーティング膜が溶け浮かび上がってきましたので、なんとか苦戦のすえキレイに剥離できました。(※フロアコーティングの種類のより剥離剤が効かないものもあります)

こういったコーティングを塗る前に行う剥離施工や清掃のことを下地調整と私たちはいいます。この下地調整がきっちりできればコーティングの仕上がりは約束されたも同然。しっかりと密着し、うつくしい艶感がでます。

I様ご夫妻は写真のとおりすごく仲が良く、とても明るく楽しい方々でした。いろいろとお気遣いもいただき本当に感謝いたします。お約束したとおり10年後にはまたご依頼くださいね!!

横浜市西区I様の「お客様の声」を紹介させていただきます。

以下、原文のまま紹介

とても綺麗に仕上げて頂き、やって頂いて本当によかったです。

マットを選んだのも正解でした。新築で入居した時のようでした。

仕事もていねいで、他の汚れの相談にのってくれて、アドバイスも頂き助かりました。

横浜市西区 I様

ご夫婦

許可頂いた当社お客様のレビュー評価を掲載しております。※無断転載は厳禁です。絶対にしないでください。