なぜ、ガラスコーティングなのか?

新築マンションのフロアコーティングはガラスコーティングがおすすめです。フロアコーティングには他にもUVコーティングやシリコンコーティング、水性ウレタンコーティングなど人気のコーティングがありますが、それらのコーティングと比較して、なぜガラスコートがよいのでしょうか。その理由を解説いたします。

新築マンションのフローリング

サンロードアート断面

まず、新築マンションの床には現在ほとんどシートフローリングが採用されています。

フローリングは集成材などの木材を重ねた上に化粧板とよばれる木目模様の美しい板を貼り付けたものですが、シートフローリングではその化粧板が木ではなくオレフィンシートというプラスティックのシートが使用されています。

オレフィンシートに木目模様がプリントされているのです。本来の木材とは異なり、表面が非常に平滑なのが特徴です。

そのため一般的にはワックスを塗っても液剤が吸い込まれないため、塗膜が対象の素材であるフローリングに密着しづらいのです。

シートフローリングは「ワックス不要タイプ」、「ワックスレス・フローリング」、「ノンワックス仕様」など各メーカーで名称は違いますが、ワックスを塗らなくてもいいとしている場合が多いです。それは、化粧板が木ではなくオレフィンに替わったことで傷や摩耗に対する強度が増しているということもありますが、ワックスによるメンテナンスが上述した理由で困難なためでもあります。

シートフローリングへのフロアコーティングは信頼のおける施工会社へ

ワックスを塗るのが困難ならフロアコーティングを塗るのも同様ではないかと思われるかもしれませんが、それは半分あたっています。なんらの対応もせずフロアコーティングすると密着不良により剥がれるなどの重大な不具合が生じる可能性があります。

実際にシートフローリングが市場に出回り始めた頃にはよくそのような不具合の発生を聞いたことがありますし、最近でも新築マンションのオプション工事において、ある業者のコーティングした住戸の大半で発生したと聞きます。はっきり申し上げてそのような業者はフロアコーティング会社を名乗る資格がないと思います。なぜなら、シートフローリングといってもしっかりとした対策をして臨めば不具合が生じることはないからです。

事前にシートフローリングを取り寄せて試験することも可能ですから、やはり同業の身からするとフロアコーティングで不具合を生じさせてしまうことは迷惑な話です。

(もっとも、新築マンションのオプション工事などでは期限があるにも関わらず、十分な時間がコーティング施工に与えられないケースも往々にしてあります。その場合は同情します。)

シートフローリングへのコーティングを成功させるポイント

シートフローリングへフロアコーティングを不具合なく密着させる対策ですが、それは各フロアコーティング会社によりアプローチが違うと思います。ただし、ポイントとなるものは共通で、それは塗膜の厚さ、コーティング塗料の溶剤になります。

コーティング塗膜の厚さが重要

まず、塗膜の厚さですが薄くても、厚くてもフローリングとの接触面積は変わりませんので、薄いほうが密着性は向上し剥がれにくくなります。なかには薄いと強度が弱いのではないかと案じる方もいるかもしれませんが、そうとは限りません。その理由は後ほど詳しく説明します。

コーティング塗料の溶剤による相性がある

コーティング塗料の溶剤についてですが、そもそも塗料には皆さんも聞いたことがあるかと思いますが、油性塗料と水性塗料に大別できます。(単純に油性や水性に分類できないものも現在は多数存在します。)

フローリングは一部無塗装のものもありますが、たいていクリア塗装といって化粧板の表面に工場で薄い保護膜が施されています。従来の木質系フローリングは化粧板の上に油性ウレタンのクリア塗装がされているものがほとんどでした。一方、シートフローリングの場合はオレフィンという石油由来の素材のため強力な溶解力のある油性塗料ではなく水性に性質の近い塗料がクリア塗装に使われています。

コーティングなどの塗装は油性塗料の上に水性塗料を塗ることはできますが、反対に水性塗料の上に油性塗料を塗ることは、水性塗膜を油性塗料が溶かしてしまうため、上手くいきません。

そのため、UVコーティングやシリコンコーティングなどの油性塗料は基本的にはシートフローリングに相性のよいフロアコーティングではありません。シートフローリングに施された水系にクリア塗装に対して油性塗料の溶剤は強すぎるのです。このようなケースでは塗りむらや白化現象といって白く曇ったような仕上がりになったり、極端に硬化時間が長くなり塗膜形成に問題が生じたりすることがあります。

フロアコーティング会社独自の対策でこのような現象を引き起こさないようにすることは不可能ではないかもしれませんが、リスクは常にあると思います。

ガラスコーティングがおすすめの理由

シートフローリングと相性のよい溶剤を使用している

ガラスコーティングはアルコール溶剤のものが主流ですが、石油系の溶剤を使用したものがあります。石油系のガラスコーティングは油性塗料ですからUVコーティングやシリコンコーティングと同様にリスクがありますが、アルコール溶剤のものは石油系溶剤のものと比較して溶解する力がかなり弱いです。

そのためアルコール溶剤のガラスコーティングならシートフローリングへ問題なく使用することが可能です。なお、床保護硬化などの性能面はアルコール溶剤も石油系溶剤も同レベルです。

密着性のよい高硬度の薄膜を形成する

ガラスコーティングの特徴は非常に硬い薄膜を形成することになります。その塗膜硬度はUVコーティングやシリコンコーティングをはるかに凌ぎます。もし塗膜が厚いと密着性の問題による剥がれが懸念されるところですが、幸いにも薄い膜ということでシートフローリングへの使用適正に優れています。

これだけの硬度があって塗膜が厚いと、フローリングの伸縮や撓みによる割れも心配されるところですが、この点でも問題がありません。さらには、薄くても塗膜硬度が高いので、イスの引きずりなどによる擦り傷がつきにくく、日々の生活による摩耗も少ないです。

傷、摩耗、汚れの防止効果がすごい

新築マンションを購入される方の年齢は統計によると30代の方がもっとも多く、ちょうど子育て世代にあてはまります。幼いお子さまの場合は、どうしても玩具でのいたずらなどフローリングを傷つけたり汚したりということが多くなります。

その点、ガラスコーティングはフロアコーティングのなかでも、もっとも床保護硬化や汚れ防止効果に優れていますので、もっともおすすめしたいフロアコーティングということになります。

ガラスコーティング(とくにアルコール溶剤のもの)は使用するガラスコーティング塗料が非常に高価なため、フロアコーティング費用も他コーティングと比べて高価なものとなります。

シートフローリングへのコーティングなら当社では、よりリーズナブルな水系ウレタンコーティングもありますが、費用対効果を考慮するとガラスコーティングはけっして割高ではないと思います。

新築マンションを購入され、フロアコーティングをご検討されているなら、ぜひ当社へご相談ください!