練馬区のM様よりフロアコーティングの注文をいただきました。フローリングは大建工業のカタログにはないハウスメーカーへの特注品です。カラーはホワイトアッシュというとてもおしゃれな色でした。

特注品とはいっても通常モデルと大きな差はありません。表面がオレフィンシートになっている一般的なシートフローリングです。ちなみにこの木目模様のついたオレフィンシートはフローリングメーカーに関わらず印刷会社により生産されています。ちょっと前までテレビでよくCMが流れていましたがDNP(大日本印刷)さんなどが大きなシェアを占めています。

フロアコーティングをする際にご注意いただきたいのはシートフローリングに関しては施工会社によりその施工品質に大きな差がでることです。通常の木質の床材とはやや性質が異なり、塗り方や塗料の希釈度などをマッチングさせないと塗りムラや塗筋、最悪は剥がれなどが生じる可能性があります。必ず実績のあるコーティング施工会社に依頼するようにしましょう。

ホワイトアッシュのシートフローリングをコーティング

白に近い色のほうが黒に近い色よりも光沢感がでません。だからといってツヤピカにするよりむしろ抑えめにしたほうが良い感じと私は思います。(あくまでも主観です)

こちらが施工前の状態です。

コーティング施工前

今回のフローリングもアッシュ=灰とネーミングについているようにちょっと灰色がかったようなくすんだ感じの風合いがあります。なのでその風合いを保つためにもUVコーティングよりも今回のガラスコーティングのように控えめな艶感のフロアコーティングのほうが相性がよいのでは。

コーティング施工後

上の写真がガラスコーティング後になります。適度な艶感が床材そのものの風合いを壊さずいい感じだと思います。もちろん人それぞれですし、ツヤピカもいいもですが…。

M様にはいろいろと気を使っていただき本当にありがとうございました。ご満足いただくことができ嬉しく思います。

練馬区M様の「お客様の声」を紹介させていただきます。

以下、原文のまま紹介

思い通りの仕上がりになって、依頼して良かったです。

ありがとうございました。おつかれ様でした。

練馬区 M様

練馬区お客様の声

許可頂いた当社お客様のレビュー評価を掲載しております。※無断転載は厳禁です。絶対にしないでください。