麻生区お客様邸

川崎市麻生区は栗木台にお住まいのM様よりLDKと廊下のフロアコーティングの依頼をいただきました。お住いは築11年の一戸建て住宅です。

川崎市麻生区M様の「お客様の声」を紹介させていただきます。

以下、原文のまま紹介

とてもきれいになって満足しています。

分からないことや、気になっていることは、何でもすぐに

答えてくれるので、安心してお願いすることができました。

川崎市M様

川崎市お客様レビュー

メンテナンス履歴が状態の差を生む

今回は築11年のお住いのフロアコーティングということでしたが、フローリングの状態はかなり良い部類でした。一般的に築年数にして10年経つとそれまでの使用状況やメンテナンス履歴により状態にかなり明確な差が生じます。M様の場合は最初の頃は定期的にワックスがけをしていたそうです。それが効いているようでした。

ワックスはそれ自体に汚れが入り込み黒ずんでくる「抱き込み」という症状があります。それがデメリットですがフローリング表面をワックス膜が覆っているだけでもフローリングの痛み方はだいぶ軽減されるものです。

ただし、一部はワックスが醜く剥げている部分があり、また抱き込み現象により黒ずんでいるところもありました。そのためM様は私たちに一度ワックスと汚れを除去してフロアコーティングすることを依頼することにしました。

いままでのワックスがけにより保護されていたフローリングは、古いワックスと汚れを剥離施工により取り除くと傷はあるもののキレイな状態で現れました。結果としてフロアコーティングした床は冒頭の写真のように、とても築11年という感じではありません。本当にキレイに仕上がりました。

もしワックスがけをしていなかったらフローリングはもう少し劣化消耗が進みコーティングしてもここまでキレイには仕上がらなかった可能性もあります。けれども築10年前後なら、この段階でフロアコーティングすることにより現状を冷凍保存ではないですが、維持することができます。興味のある方はぜひ、ご相談ください。

許可頂いた当社お客様のレビュー評価を掲載しております。※無断転載は厳禁です。絶対にしないでください。

Pocket