いろんなフローリング 

フロアコーティングを検討するなら、まずフローリングについて知ろう

マイホームの床にどんな種類のフローリングが貼ってあるのか知っておくことは大切です。フローリングの種類によりメンテナンス方法などが違うからです。

フロアコーティングを検討するときも大切なことです。フロアコーティングとの相性を判断する要素になります。また、本当にフロアコーティングが必要かを判断する要素にもなります。

フローリングは表面から見るとと大差ないように見えますが種類により構造が大きく異なります。フローリングには複層フローリング単層フローリングがあります。

複合フローリングはサンドイッチのように何層にも板が重ねられ表面にあたる部分に美しい木目模様の板を貼ったフローリングです。複層フローリングと表されることもあります。

無垢フローリングは蒲鉾板のように原木から切り出した1枚板のフローリングです。単層フローリングと表されることもあります。

複合フローリング

複層フローリング

無垢フローリング

単層フローリング


この記事ではそれらをさらに3つに分類して説明します。フロアコーティングを検討しているなら、最初の段階で確認すべきことになります。ぜひ一読ください。

複層フローリング

複層フローリングは複合フローリング、合板フローリングともいいます。(本記事での表記は複層フローリングで統一いたします。)

複層フローリングは合板やMDFという加工木材を重ねて接着した構造です。その表面に単板という木目の美しい板が貼ってあります。単板にはクリア塗装といって保護膜が加工されています。広く流通しているコストの安価な加工木材を積層する構造で狂いや反りを防いでいます。

単板の種類により複層フローリングは3つに分類できます。

※単板は化粧板とともいいます。

突き板フローリング

突き板フローリング

突き板フローリング

特長

  • 厚さ0.2mmから0.6mmに木材をフィルム状にスライスした単板が表面に貼ってある。
  • 製造コストが比較的安く家庭用としては一般的なフローリングです。
  • 変形や割れが生じることもあります。

推奨メンテナンス

  • フロアコーティング、樹脂ワックス
  • 研磨するなどのメンテナンスはできません。

挽き板フローリング

挽き板フローリング

挽き板フローリング

特長

  • 厚さ2.0mm以上に木材を回転する鋸刃で切り出した単板が表面に貼ってあります。
  • 単板には銘木など希少性のある木材が使用されることもあり高価なものが多い。
  • 変形や割れは少なくなります。

推奨メンテナンス

  • フロアコーティング、樹脂ワックス
  • ※厚さが3mm以上あると研磨して再塗装・着色することが可能です。

シートフローリング

シートフローリング

シートフローリング

特長

  • オレフィンシート(プラスティック製のフィルム状シート)に木目を印刷したものが表面に貼ってあります。※プリント合板ともいいます。
  • 単板が木材ではなく品質が安定しているため最近では突き板フローリングに替わり最も多く採用されるフローリングです。
  • 擦り傷には比較的強いが変形が生じることがあります。

推奨メンテナンス

  • フロアコーティング、樹脂ワックス
  • 研磨するなどのメンテナンスはできません。

複合フローリングはすべてフロアコーティングを推奨メンテナンスとしましたが、少しばかり条件があります。

シートフローリングはシリコンコーティングやUVコーティングなど比較的強い溶剤を含むコーティングとは合わない場合があります。シートフローリングのクリア塗装には水性塗料が使用されていることが多いからです。

油性塗料の塗膜の上に水性塗料を塗るのは問題ないのですがが、その反対は問題が起きることがあります。強い溶解力が作用してクリア塗装を侵してしまうのです。

水性塗料タイプのフロアコーティングは何ら問題ないのですがが、シートフローリングの場合は必ず施工会社へ床材との相性について問題ないか確認するようにしましょう。

サニタリーフロアも要注意とです。サニタリーフロアとはトイレや洗面所への使用に特化した突き板もしくはシートフローリングのことです。クリア塗装に抗菌剤などの薬品や水を弾くためフッ素剤が含まれていることがあります。そのためフロアコーティングがうまく密着しないことがあります。

単層フローリング

単層フローリングは原木から切り出したフローリングです。一般的には無垢フローリングということも多いです。

チーク、カリン、ナラ、ウォールナット、マホガニーなど丈夫で寸法安定性がよく木目の美しい樹木が使用されます。材料効率がよくないため製造コストが高く高級品といえます。天然素材ゆえ品質には多少のムラがありますが基本的には丈夫で一生使える床材です。

古くなって傷や染みが目立つようになっても表面を薄く研磨して再度、塗装・着色することができます。

単層フローリングのフロアコーティングで重要なことは表面の加工です。無垢フローリングといっても表面に何も施されないことは少なく、たいてい塗装処理がなされています。その塗装処理の違いにより相性が左右されるのです。

塗膜性塗装仕上げ

無垢床材ウレタン塗装仕上げ

ウォールナット
ウレタン塗装仕上げ

特長

  • ウレタン塗料など塗膜を形成する塗料が表面に塗られています。
  • 表面はある程度の光沢があり水にも強く扱いやすいタイプの無垢フローリングです。
  • 変形や割れなどは生じにくい。

推奨メンテナンス

  • フロアコーティング、樹脂ワックス
  • 研磨して再塗装・着色することが可能です。

浸透性塗装仕上げ

無垢床材オイル仕上げ

ウォールナット
オイル仕上げ

特長

  • オイルなど素材に浸透する自然塗料が表面に塗られています。
  • 木材の質感を生かした仕上げだが塗膜性塗装と比べると水に弱く汚れも付きやすい。
  • 変形や割れなどは生じにくい。

推奨メンテナンス

  • 自然塗料
  • 研磨して再塗装・着色することが可能です。

無塗装

無垢床材無塗装

桧 無塗装

特長

  • 何も表面に塗られていません。
  • ユーザー自身でメンテナンスすることを前提としています。このままでは汚れやすく劣化が早くなります。
  • このままでは無垢とはいえ変形や割れが生じることがあります。

推奨メンテナンス

  • 自然塗料、フロアコーティング
  • 研磨して再塗装・着色することが可能です。

単層フローリングでは塗膜性塗装仕上げと無塗装がフロアコーティングを推奨メンテナンスとしました。浸透性塗料仕上げでは塗られているオイルなどの自然塗料のためフロアコーティングがうまく密着しない可能性があります。もし施工するとしたら自然塗料を取り除くか、研磨する必要があります。

ただし新品の場合は問題なく密着するケースもあるので希望される場合は相談してみてください。

一般住宅での使用量でいうと95%が突き板フローリングもしくはシートフローリングです。ところが世界に目を向けるとこれらのフローリングはほとんど流通していません。

諸外国でフローリングというと無垢フローリングもしくは挽き板フローリングになります。土足で歩く文化圏の国が多いということも影響しているかもしれません。

表面が1mmに満たないフィルム状の板やシートでは強度が足りないのです。建物もそうですが頻繁にフローリングを貼りかえるのは日本独自の習慣です。

本来フローリングは一生ものですが突き板フローリングやシートフローリングにおいては相応のメンテナンスを行う必要があります。フロアコーティングの助けを借りてできるだけ良い状態を保ちながらマイホームの歩みとともに長く愛用したいものです。

まとめ

フローリングには構造により複層フローリングと単層フローリングがあります。

複層フローリングではその表面の単板(化粧板)とクリア塗装(保護膜)、単層フローリングでは表面の塗装加工がフロアコーティングする際には重要な要素となります。

マイホームのフローリング種類により可能なメンテナンスやフロアコーティングとの相性が異なってきます。フロアコーティングを検討するなら最初の段階で確認するようにしましょう。

最近はほとんどの分譲マンションや建売の一戸建て住宅においてシートフローリングが採用されています。シートフローリングは構造的には突き板フローリングの突き板がオレフィンシートにとってかわったものです。プリントされた見かけは美しいのですが長く愛用するには、フロアコーティングを検討してください。