廊下のタイル

東京都中央区は日本橋に建設された新築マンションを購入されたK様よりタイルコーティングとフロアコーティングのご依頼をいただきました。

タイルは玄関の三和土(たたき)のみならず廊下、脱衣所、トイレまでにも同素材の御影石タイルが敷かれています。これほどタイルの面積が広いと予めコーティングして落とし難い汚れがつかないようケアしたいものです。

東京都中央区K様の「お客様の声」を紹介させていただきます。

ストーンコート、フロアコート共に、元々の見た目とほぼ変わらない仕上がりで満足しました。

今後使っていきながら効果を感じたいです。

中央区 K様

中央区のお客様の声

タイルコーティングは浸透性コーティングがベスト

タイルコーティングではフッ素を含むシリコン塗料を使用します。浸透型塗料といって塗料を素材(タイル)に染み込ませるようにして施工します。表面にはタイルを覆うような分厚い塗膜はほとんど形成しません。

塗膜による光沢は生じませんのでもともとの質感は損なわれないのです。とはいえ上の写真をみるとピカピカしてますけどね…。これは御影石に磨きがかかっているからです。もともと比較的光沢のある素材だったというわけです。マットな質感のタイルの場合はそれに応じてマットな質感になります。

浸透型塗料のメリットは塗膜性ではないので塗膜が剥がれたり摩耗することによる機能の低下があまりないことです。タイルは玄関の内側や外側など土足で歩く場所にも使用されますので、もし塗膜性のコーティングだったら消耗も早いと思います。

また石材タイルの場合はある程度、吸湿性もありますので表面を分厚い塗膜で覆ってしまうと空気や水の行き来を遮ってしまい、それが割れにつながることもあります。

最近は今回のK様のマンションのように廊下や水周り設備のある洗面所やトイレに石材タイルが貼られることが増えているようです。フロアコーティングとのセットでご注文の場合はセット割引が適用されます。興味のある方はぜひお気軽にご相談ください。

最後になりましたが、K様このたびはお世話になり本当にありがとうございました。

許可頂いた当社お客様のレビュー評価を掲載しております。※無断転載は厳禁です。絶対にしないでください。